• 採用情報
建設・環境分野


    河川・砂防業務内容

       わが社における河川・砂防部門の業務は、上水道・下水道部門との関わりから着手してまいりました。
       雨水事業を考えるとき、河川への放流量の規制、放流施設計画、あるいは河道計画との関わりを避けることはできません。また、上水道事業での取水施設も密接な関係があります。このことから、河川・砂防事業についての技術的経験を積んでまいりました。
       今後も河川改修事業をはじめとして、遊水池や洪水調整池計画・設計にも事業展開を図ってまいります。

            ・安全な社会基盤の形成
            ・洪水に対する安全な生活
            ・きれいな水と緑の水辺の創出
            ・活力ある地域づくりの支援


    土質および基礎業務内容

       構造物を計画・設計するには、基礎地盤の検討抜きにはできません。また、管きょの設計、特に、推進工法やシールド工法の検討において大きな要素となるのは土質条件です。これらの業務では、地質を点ではなく面で捉えることが必要です。
       近年、重要度を増す耐震設計においては、地域全体の地勢を捉えた考察が求められます。わが社では、実施設計業務に伴う地質調査業務から活断層解析業務、構造物基礎設計業務までの幅広い業務を行っています。
       上水道・下水道業務を主体としたコンサルタント業務のイメージが強いわが社ですが、受注高の中で土質および基礎業務の占める割合も拡大しつつあります。

            耐震診断・設計
                 
            ・現地踏査(調査位置選定)
            ・ボーリング調査
            ・物理試験
            ・基盤面の判定(各種検層)
            ・設計への諸数値決定


    鋼構造業務内容

       鋼構造物の設計は、施設の安全性を確保する上で最も重要です。わが社では、土木・建築施設の鋼構造設計に経験豊富な専門技術者を配置し、皆さまのニーズに応えることを可能にしています。


    道路業務内容

       道路づくりに求められる安全性、耐久性、環境への配慮、快適性といったニーズに応え、新設から改良に至るまでの企画・提案・調査・設計を行います。


    環境業務内容

       私たち人間の行動は、どのようなものでも社会環境や自然環境に対して、少なからず影響を与えます。
       わが社では、公害のない社会と緑豊かな自然を目指して、社会環境や自然環境に関するさまざまな技術を収集するとともに、問題の解決にあたりながら、豊かな環境づくりに取り組んでいます。

            ・公害調査(水質、大気)
            ・環境調査(自然環境、社会環境)
            ・解析
            ・環境影響評価
            ・環境計画


    各種測定業務内容

       わが社では、豊かな環境づくりに役立つよう社会環境や自然環境に関するさまざまな調査等を行っています。